上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
どうもこんにちは、智貴卍です。


今日、勉強の合間にしばしば田んぼに行ってました。
何の為かというと、ズバリ水生昆虫のコオイムシを捕獲する為です。
んで、その捕獲作戦、実行したのはいいんですが、結局一匹も捕まえる事が出来ませんでした
実に残念ですが、まぁこれは想定の範囲内なので、特に落ち込む事は無かったです。



それはそうと、この水生昆虫という虫ほど
捕獲に向き不向きがある種類の昆虫はあまり居ないでしょうね


コイツらを捕まえるのには、次の条件に当てはまるのが有利になっちゃったりするんです


1・背が低く、小柄である事
2・動くものに敏感に反応できる事
3・一点を徹底して観察出来る視力と集中力がある事
4・好奇心が強く、見たことのない物に興味が示せる事
5・どの辺に捕獲対象がいそうかという、カンが働く事
6・猫背であるか、下を向くのが多い事
7・凝り性といえるほど一つのモノ、コトに徹底して集中出来る事



これらに当てはまる度合いが多いほど
水生昆虫捕獲に向いている人間という事になります。
どういう事なのか、ここでいっちょ説明してみますね



まず、1ですが、水生昆虫の主な生息地は沼や田んぼです。

その為、色々な田んぼが密集している場所に繰り出す必要があるのですが
田んぼと田んぼの間にある陸地というのは、実はかなり狭いんですね。

なので、大柄な人間がこの隙間の陸地を移動していると、どうしても足場が小さく感じられ
田んぼに落ちない様に小さな陸地に足を乗せる事に集中しがちです。

そうなってしまうと、どうしても水の中に集中して視点を向けにくくなり
発見率はかなり下がってしまいがちです。

また、背が高いという事はすなわち視点が高くなるという事であり
地面や足下が正確に見えにくくなり
したがって水中の様子がハッキリ見えにくくなってしまいます。

この点に関しては身を屈めばかなり有効なのですが
そうすると今度は、体に負担がかかりやすく、疲れやすくなります。

そうなれば集中力が途切れがちになるので、やはり小柄なのが有利といえます。




次に2ですが、これはもう、説明するまでもなく動くものに敏感であれば有利です。

ただ、これは小さい頃から虫を捕まえる練習を
他の何よりも優先してやってる事が有利です。

天性に持ち合わせている場合もありますが、練習量と集中力がなければ身に付きにくいですね。




更に、3と7
水生昆虫を捕獲、発見するには、『クサイ』と思った一点を
徹底して集中しながら観察する能力、スキルが有利となります。

この水生昆虫というヤツらは、全体を見渡す力もですが
むしろ一点に集中しがちな傾向がある、もしくは作り出せるほど
凝り性で一徹なヤツが向いてると思います。

あくまで私の経験と主観ですが




次は、4
これは、水生昆虫に限らず虫取り全般に言えるコツで
好奇心の強い人間であればあるほど、有利に働きます。

この、強い好奇心と興味を抱くことの出来るというポイントは
何か知らないものを見た時にそれを調べ、知りたがる能動的な方向へと繋がり
発見率を上げる要因となるます。

それに、ほんの些細な発見にも感動出来る感性を持っていれば、なお良いでしょう




そして、5
これは、一点集中とは少し離れて、全体を見渡すことに繋がります。
たとえば、いくつも田んぼが隣接する場所があったとしても
全ての沼、水田で目当てとなる対象が発見出来るとは限りません。

いくつかの田んぼを見比べて、水草の多さ、水深の深さ、畦が地面で出来ているかなど
その中で最適と思われる場所を、直感と分析力で見つけ出せる事が重要となります。

一つの水田を見る場合は、隠れる場所の多さや水草、藁など
隠れる場所の多さがポイントとなります。

また、ターゲットになる虫によって生息環境が微妙に違ってくる事も頭に入れておいて下さい




最後に、6
猫背若しくは下を向く事の多い人間というのは、前に来ている自転車などを察知しにくい分
足下や地面にいる生物を見つけやすく、察知する力に優れています。
なので、出来るだけ水の中に視点を凝らせるかというポイントが重要な水生昆虫捕獲では
大きなメリットになります。

逆に、いつも明日へ向かって全身するかの如く前を向いてる人間には
若干なりとも難しいかもしれませんね。

ま、猫背でなくとも、下を向く経験が多ければ何も問題は無いですが。


以上、これらが水生昆虫捕獲に向いている人間のポイント
水生昆虫捕獲に必要な方法の説明です。




説明、かなり長くなって申し訳ありません(汗
無論、これらを持っていなくてもタモや経験があれば捕まえる事は出来ます
なので、上記の長文は参考の一環として認識して戴きたいです。
まぁ、この記事を読んで、すぐすぐ水生昆虫捕獲を計画されるようなマニアックな方が
この場におられるとは思いませんけど。


グダグダな話語りとなりましたが、皆さんがこれを機に
水生昆虫へ興味が向かえば嬉しいですね。


そんなこんなでオタク的語りばかりの内容になりましたが
そろそろ今日も終わりますかね。

こんな長ったるいヘンテコでマニアックな文章を読んでおられたのなら
ただ嬉しいばかりです。

既に途中で飽きて読むことを放棄されておられるならば
それは、マニアックに語っている私のせいですので
どうぞ、申し訳ございません


それではではっ!!





それはそうと、これらはあくまで私の経験に基づく主観的な意見であり
専門家の方々の意見の方はるかに参考になるであろうことを、ここに付け足しておきます

そして、上の7条件が昔の私の事である事も(チビや猫背という程じゃなかったですが)。
スポンサーサイト
 

<< 小学校4年生の頃の私の一日(日常編) | Home | りんたろーバンザイ!! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。